土地活用の専門資格「土地活用プランナー®」とは?


土地活用プランナー®は、公益社団法人東京共同住宅協会が運営する「土地活用の専門資格」。2015年に誕生した資格ですが、不動産業界、建築業界の方々を中心に、すでに1,000名以上の方が受験しています。
土地活用を提案する立場の方は言うまでもなく、不動産管理会社や保険業界にお勤めの方など、不動産オーナー様と関わる仕事であれば、必ずと言っても良いほど話題に出るのが「土地活用」。
しかし、宅建やFPなどの不動産関連の資格を取得していても、それだけで土地活用のプロとしての立場をアピールすることができるでしょうか?また、土地活用についての専門知識を学んでいなければ、オーナー様のご相談に対応するのは難しいのが現実です。
そのような背景の中、ダブルライセンスとしてこの資格を取得する方が急増しています!

【次回認定試験】
■試験日時:
2020年2月16日(日)15:00~16:00

■会場:
[東京会場] 渋谷FORUM8
[大阪会場] CIVI 北梅田研修センター
[名古屋会場] LEC名古屋駅前本校
[福岡会場] LEC福岡本校
[仙台会場] LEC仙台本校
[札幌会場] LEC札幌本校

こんな経験ありませんか?

1、会社推奨の資格は取得したけど土地活用については学べておらず、実務で対応できない・・・
⇒宅建やFPだけでは学べない土地活用についての具体的な知識が学べます!
例)・事業収支計画書の見方や作り方 ・金融機関の選び方や融資の受け方
・入居者トラブルの対処法 ・建て替え時の立退交渉 など

2、土地活用の仕事をしているのに、専門的な資格をもっていないためにオーナー様から信頼してもらえない・・・。名刺に「土地活用プランナー」と書いてあるだけで、お客様からは土地活用のプロとして一目置いてもらえます!

登録者には更にこんなメリットも

ADRの基礎資格として認められており、資格登録後にADR研修を受ければ、土地活用関連の分野におけるADR調停人としての活動が可能!

ADRとは?

  • 会報紙「土地活用プランナーズ通信」を定期的に発行!
  • 登録者を対象としたフォローアップセミナーや情報交換会などを開催!
  • (株)住宅新報主催のセミナーを特別価格にてご案内!

過去問題サンプル・公式テキスト資料

※画像をクリックすると拡大されます。

sampleのサムネイル

過去問サンプル

2019-sample-compressedのサムネイル

テキストサンプル資料

土地活用プランナー合格への道

~試験概要~

試験日 年2回(2月、9月)
試験会場 東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌
学習期間 1~3ヵ月程度
合格率 70~75%(2018年現在)
試験形式 マークシート式(4肢択一式)
試験時間 60分
問題数 40問
受験料 7,000円(税別)

※比較的新しい資格の為、合格率は現状、70~75%程度と高めに設定されていますが、今後、登録者数の増加とともに徐々に下がっていくことが予想されます。

学習方法

LEC東京リーガルマインドで試験対策講座(通信講座:WEBまたはDVD)を実施しており、ご自宅で効率よく学習することができます。
また、試験出題頻度の高い項目を中心に重点的に解説するため、短時間での合格が可能です。
講座受講者の合格率は98%(2018年9月試験実績)!
日々の仕事で忙しい中、短時間での資格取得を目指す方の多くが受講されています。

試験対策講座はコチラ

※受講料:WEB講座⇒24,000円(税込) DVD講座⇒26,000円(税込)

その他、土地活用プランナーHPよりテキストのみをご購入いただき、ご自身で学習する方法もございます。

合格者の声

不動産業・その他

Q1.土地活用事業に興味を持ったきっかけはございますか。
賃貸不動産の管理をしていて、空き家が増えて困ったこと。

Q2.土地活用プランナーを学習するうえで難しかった点を教えてください。
アパートローンの全般と事業収支計画の策定。

Q3.土地活用について、実際にどんなご相談を受けることが多いですか。(どんなことで悩まれている方が多いですか。)
空き家がどうしても埋まらない。賃貸物件を建てたいが埋蔵物が埋まっていて建てられない。

Q4.試験合格後、資格を活用できた事例があれば教えてください。
資格そのものよりも試験勉強で学んだことをオーナー様に提示できた。
(1)2020年4月施行の改正民法における、連帯保証人の極度額の設定について。
(2)長期入居者の家賃引き下げについての案の提示。

Q5.今後試験を受ける皆様へメッセージをお願いします。
非常に実践的な勉強ができる資格なので、都市部で賃貸住宅を扱う方は必須の資格です。知らなかったことを、学ぶことによって業務能力の向上につながり、その結果評価され、人の役に立ち、所得につながるのです。

 

不動産業・建築業

Q1.土地活用事業に興味を持ったきっかけはございますか。
会社へ届いたDMを見て

Q2.土地活用プランナーを学習するうえで難しかった点を教えてください。
特になし

Q3.土地活用について、実際にどんなご相談を受けることが多いですか。(どんなことで悩まれている方が多いですか。)
賃貸住宅か、それ以外の活用方法があるかなどです。

Q4.試験合格後、資格を活用できた事例があれば教えてください。
社内の研修メニューとして導入を検討しています。

Q5.今後試験を受ける皆様へメッセージをお願いします。
土地活用が体系的に学べる内容です。実務でそれぞれのことは理解していましたが、全体的に良くまとまっていて整理ができました。仕事に役立ち勉強してよかったです。

 

不動産業・金融業

Q1.土地活用事業に興味を持ったきっかけはございますか。
相続により不動産を取得し、不動産賃貸業を始めたこと。金融機関に勤務し、FPの観点からも土地活用の知識を保有したいため。

Q2.土地活用プランナーを学習するうえで難しかった点を教えてください。
活用事例の入手

Q3.土地活用について、実際にどんなご相談を受けることが多いですか。(どんなことで悩まれている方が多いですか。)
相続により取得した不動産の活用方法

Q4.試験合格後、資格を活用できた事例があれば教えてください。
相続による不動産活用

Q5.今後試験を受ける皆様へメッセージをお願いします。
不動産に関して悩んている方は意外と多いと感じています。このような方の課題を解決できる資格を保有することは、今後に役立ちます。

 

建築業

Q1.土地活用事業に興味を持ったきっかけはございますか。
社内に土地活用プランナーの資格取得をした方がいたため。

Q2.土地活用プランナーを学習するうえで難しかった点を教えてください。
同時期に宅建の資格取得をしたため、重複する部分があり特に難しいと思うところはありませんでした。

Q3.土地活用について、実際にどんなご相談を受けることが多いですか。(どんなことで悩まれている方が多いですか。)
相談業務は受けていないです。

Q4.試験合格後、資格を活用できた事例があれば教えてください。
名刺交換の際に、「珍しい資格を持っていますね」と言われます。

Q5.今後試験を受ける皆様へメッセージをお願いします。
セカンドライセンスとして受験するといいと思います。
宅建+土地活用プランナーといった形でアプローチをかけるといい反応が返ってきたりします。

 

サービス業

Q1.土地活用事業に興味を持ったきっかけはございますか。
『宅建』を持っているにもかかわらず、土地取引について何ら実務的な事が分からない、実際に相談を受けても、どう答えて良いか分からないと言った事がキッカケです。

Q2.土地活用プランナーを学習するうえで難しかった点を教えてください。
特に有りませんでした。とりわけ、「テキスト」の内容は秀逸でした。上・下巻合わせて500ページ以上あるのに1週間で読破できました。

Q3.土地活用について、実際にどんなご相談を受けることが多いですか。(どんなことで悩まれている方が多いですか。)
相談者の『親の家』、特に相続絡みの問題が多いです。

Q4.試験合格後、資格を活用できた事例があれば教えてください。
借地上に賃貸併用住宅を建てて住んでる相談者の「親」が、地主から更新料及び地代の値上げ(旧法上の借地権)を通告され、困っているとの相談を受けたが、学んだ知識を生かし、(供託も出来るから)慌てる事なく対応出来た。

Q5.今後試験を受ける皆様へメッセージをお願いします。
濃い内容の自己投資に成ると思います。土地活用(不動産)は、生活して行く上で切り離す事の出来ない分野です。是非とも、高い意識を持つ方にチャレンジして欲しいです。

PAGETOP